TOP >MEDI-Papyrusの特徴 >MEDI-Papyrusとは? >診断書作成機能 >他データベースの情報活用機能

診断書作成機能

他データベース情報活用機能

患者基本情報※1や診療情報※2を他システムのデータベースから、
引用可能です。

※1 氏名/性別/生年月日/住所等  ※2 傷病名/手術情報/入退院日等

患者基本情報(上図では氏名/性別/生年月日)は、作成開始時に他システムから自動引用されます。患者IDの指定のみで、氏名等の入力の必要はありません。


傷病名ボタンをクリックすると、他システムに登録されている傷病名の一覧が表示されます。 一覧より適切な傷病名をクリックするだけで簡単に入力できます。


手術情報(手術名/術式コード/手術日)も同様に、一覧から適切な手術をクリックするだけで、 診断書中の「手術名」「診療報酬点数手術区分番号」「手術日」の項目を一度に入力することができます。
(一度に複数の手術情報の入力も可能です。)

前へ特徴・機能一覧へ最初へ